思考

自己責任で生きると楽になる

目の前に問題が起きると、

決まって誰かの責任にしたがる人って

とても多いような気がします。

 

自分は悪くないと思うことで、

自分の選択を否定しなくてすむから

気持は楽になるかもしれません。

 

 

でも、

そこに成長は無い。

 

 

目の前に起きた問題を他人の責任にするということは、

自分は間違えてないと思い込むという事。

 

それを言い変えると、

自分は変わる必要はないと決めているということです。

 

その結果、

同じ問題が再び起きる可能性はとても高くなるのです。

 

では、

問題が起きたときに、

自分が悪いと受け入れるとどのように変化するでしょうか。

まずは何が問題なのかを探し、

それを改善する方法を見つけると思います。

 

どんなに他人が悪いと非難しても、

他人を変えることは出来ない。

 

しかし、

自分に悪い所があったと受け入れ、

自分が変わるのはとても簡単です。

 

年齢を重ねると頑固度がアップして、

自分を正当化して変化を嫌うようになる傾向があります。

 

だからこそ意識して自分を変化させる必要があります。

 

だって、

今の自分が最高の状態じゃないなら、

昨日の自分を乗り越える成長を繰り返すしかないですからね。

 

その為には、

まずは全てを受け入れる勇気を持ち

自己責任で生きる選択をするのはとても大切ですよね。

 

そして、

それが依存体質からの脱却となり、

結果として楽に生きることに繋がりますよね。

 

 

 

-思考
-, ,