美容

大人ニキビの治し方を調べてピーリングの恐怖が

ニキビ跡が気になって色々調べていると、今まで勘違いしてしまっていたことに気付く事が出来ました。

 

それは、肌を綺麗にする為には、定期的に古い角質を取り除く必要があるというのは間違いだったことです。もちろん、ピーリングで古い角質を取り除いた方が良い方入るのですが、それが全ての人に当てはまるわけじゃなかったんですよね。

 

ピーリングで肌が綺麗になるのはウソ

年齢を重ねていくと、肌は古くなるので、定期的にピーリングを行って、綺麗な肌を取り戻す必要があると思っていました。僕自身も過去にピーリングで肌の調子が良くなった経験があることから、それが正しいと信じていました。

 

しかし、なぜピーリングが必要なのかをみていると意外な事実が。

 

まずは基本的なところから考えると、肌は代謝を繰り返し、常に新しい肌を作り続けています。これを『ターンオーバー』というのですが、見た目は同じでも、今日の肌と数ヶ月前の肌は、物質的には全く別物になっているのです。そして、肌トラブルの元は、このターンオーバーの乱れが大きく関わっていたのです。

 

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れは2種類あり、ターンオーバーが早くなることで、未発達の肌を作り続けることで起きる肌トラブルと、逆に遅くなることで起きる、肌の老朽化が原因の肌トラブルがあります。

 

ピーリングが必要になるのは、ターンオーバーが遅くなっている時に、古い角質をはいで、新しい肌を表面化するときになります。おそらく僕の肌はこれに当てはまっていたらしく、ピーリングで角質を落とすと肌がすべすべになってとても気持が良かったんですよね。

 

しかし、これとは逆に、ターンオーバーが早待っている人がピーリングを行うとどうなるのでしょうか。

 

ピーリングが肌をボロボロにする

ターンオーバーの周期が早くなる状態とは、通常完成に10日間かかる商品を、7日目の未完成状態で出荷するようなことを繰り返しているイメージになるのです。未完成の肌は保湿力も無く、栄養分も乏しい為、本来の肌が持つ保護機能が無いような状態です。すると、紫外線や雑菌からのダメージをもろに受けてしまい、カサカサでボロボロの肌になってしまうのです。

 

こんな状態でピーリングを使うと、そもそも代謝の周期が早くなる事が原因で肌が弱くなっているのに、ピーリングによってさらに代謝を早めてしまうことになります。

 

ピーリングで角質を剥ぎ取った下には、まだ完成していない作りかけの肌が表面化し、肌が赤く貼れたり、カサカサになったりと、新たなる肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

ニキビもそうですが、肌を元気な状態に保つ事が肌トラブルを解決する一番の方法です。その為に洗顔や美容液などを使うのですが、その使い方を間違えると大変ことになってしまうのです。

 

まとめ

定期的にピーリングをする事が、お肌にとって良いことというのは間違いだったことに気付く事が出来ました。そして、大人ニキビの解決策も、結果としては元気な肌を取り戻すのが重要だったので、こんな商品で肌の状態を整える事がから挑戦する事にしました。

 

⇒ ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

 

これで大人ニキビも綺麗に無くなるかな。

 

 

 

-美容
-, ,