日記

敬老の日のプレゼント選び

敬老の日

敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として定められた国民の休日です。2002年までは、9月15日が『敬老の日』と定められていたのですが、2003年より、ハッピーマンデー制度の影響で、9月の第3月曜日に変更されました。

 

敬老の日は何歳から?

せっかくプレゼントを用意するなら、喜んでもらいたいと思うものなのですが、老人というキーワードに触れるイベントの為、もらう側も多少抵抗があるのが敬老の日の特徴なのです。

そこで考えるのが、老人とは何歳からなのかという問題です。一般的には65歳以降を老人と定義するのですが、敬老の日の場合は、孫が生まれたことをきっかけにすれば何歳からでも問題はないと思います。老人に向けてのプレゼントではなく、おじいちゃん・おばあちゃんに向けてのプレゼントなら、もらった相手も違和感なく受け取る事が出来ますからね。

もし孫がいない場合は、父の日や母の日を祝って、何歳になっても、老人としてではなく親として感謝の気持を伝えれば良いですし、65歳をきっかけに、日頃何もできないからと、老人としてではなく日頃の感謝の気持ちとして両親の好きな食べ物などをプレゼントしても良いですよね。

 

敬老の日 人気のプレゼント

イラスト入りで孫をそばに感じられるプレゼント

敬老の日に孫から貰って喜ばれるアイテムとしては、イラストや写真入りのプレゼントに人気が集まるようです。例えば、いつも使うマグカップに孫のイラストや写真を印刷してプレゼントするなど、孫をそばに感じられるアイテムを選ぶのは良いですよね。

 

 

 

 

花まりかは家を明るくするプレゼント

胡蝶蘭って高級で手が出ないというイメージもありますが、マイクロ胡蝶蘭『さくらん』はお店のオープンに飾られている胡蝶蘭とは少し違う、お部屋の一角をオシャレに飾れる、シンプルなデザインが人気を集めています。

 

 

 

 

フレールサラで“いつまでも”というメッセージ

生花は枯れてしまうので、もらった時の喜びに反して、寂しさが必ず訪れてしまう一面があります。そこで人気が集まっているのが、プリザーブドフラワーですよね。価格も手頃なことからも、母の日・誕生日・記念日などの女性向けのプレゼントとしても人気なのですが、敬老の日では、「いつまでも元気でいてね」というメッセージを花に込める事が出来るので得に人気が集まっているようです。

 

 

 

 

健麗酒でメッセージを込めたお酒をプレゼント

お酒が好きなら、通常飲むタイプとは少し違うお酒をプレゼントするのも喜ばれますよね。そんな時は、いつまでも健康にとうメッセージを込めて『健麗酒』をプレゼントするのが人気のようです。有名なお酒をプレゼントするもの喜ばれるかもしれませんが、「いつまでも健康でいてね」と素直に伝えられることからも、敬老の日にピッタリのお酒なんですよね。

 

 

 

 

プレゼントを選ぶ時のポイント

敬老の日だからといって、老人向けのプレゼントを選ぶのではなく、メッセージ性の強い物をプレゼントしましょう。65歳を超えた辺りから、一般的には老人として扱われるようになるため、老人という言葉に無意識に反発する方も多いですよね。そんな時に、「いつもありがとう」「いつまでも元気でいてね」という気持を伝えられるようなプレゼントだと素直に喜んで貰えるのです。

そして、メッセージカードに、「いつもありがとう」や「いつまでも元気でいてね」などのシンプルなメッセージを添えたり、孫が書いた似顔絵のイラストなどを添えてプレゼントすれば、きっとおだやかな喜びをプレゼントする事が出来るのではないでしょうか。

 

 

-日記
-, ,