健康

日立 ハダクリエアイで目のケアを!

テレビ・スマホ・ゲーム・パソコン・タブレットと、あげればきりがないほど今の世の中は目を酷使するアイテムに溢れていますので、目が疲れたと感じたときには、しっかいと目のケアをおこなう必要がありますよね。

昔だと温めたり冷やしたりして目に当てていたのですが、今では便利な目のケア商品が販売されているので、毎日の手間を省きたい方は、日立の『ハダクリエ アイ(MM-R01)』を使ってみるのもいいと思います。

 

 

この商品だと、目の疲れに効果的な、冷やす・温めるが両方出来ることや、冷やすと温めるを交互に出来る機能もついているので、それをタオルで行うのは困難なのを考えると、『ハダクリエ』を購入して毎日寝る前に目のケアをする習慣をつけるのも良いかもしれないですよね。

 

頭痛と目の疲れの末期に起きた苦痛

目を使いすぎると頭痛が起きるのはよく聞く話だと思いますが、それを無視していると日常生活を普通に送る事すら困難な状態になってしまう事があるのです。

昔の話ですが、パソコンの画面をずっと見ていると、初期の頃は頭痛がする程度だったので、鎮静剤などを飲んで痛みをごまかしながら仕事を続けていました。しかし、薬を飲んで痛みを抑えても目の疲れがとれるわけではないので、症状は徐々に悪化していったのです。

数時間パソコンを扱っていると頭痛がするのは当たり前になっていたころ、頭痛の後に吐き気を催すようになっていました。初めは頭痛との関連性に気付かなかったので、風邪かなと思っていたのですが、その症状も激しくなってくると、パソコンの画面を1時間連続で見れなくなり、最終的には30分以上のパソコン作業はできなくなってしまいました。

 

目が見えなくなる恐怖

その頃から、テレビも見れなくなり、夜の車の運転は、30分運転して1時間以上休憩するような状態になっていました。頭痛と吐き気だけならムリして運転することも出来たのですが、その状態になると、視界が極端に狭くなり、モニターの明るさの調整をするように、目の前がとても暗く見えるようになってしまっていたのです。

ここまで症状が激しくなると、目が見えなくなる恐怖が強くなり、朝目覚めたら目が見えないという夢を何度も繰り返し見るようになってしまいました。

暗闇 猫

 

目の疲れに効くツボとマッサージで目のケア

目が見えなくなる事を考え始めると、仕事なんかどうでも良いと感じるようになってきます。上司に相談して、1時間ごとに10分の休憩をとるようにして、その間に目のツボやマッサージを行い、レンジで温めたタオルを使って目を温めながら休憩していました。

この頃に『ハダクリエ』があったらどれだけ便利だったか・・・。

確かに2万以上するので高い商品のようにも感じますが、その頃の僕は、めぐりズムの『蒸気でホットアイマスク』

を1日3、4個使っていて、それだけでも4日に1000円程度の出費だったので、あの頃『ハダクリエ』に出会っていたら即買い間違いなしだったともいます。

 

目のケアは誰にでも必要

目を使わずに生活をする人はいません。そして、昔と違ってゲームなどをする人だけが目を酷使するのではなく、スマホでメールなどをやっているだけでも、昔に比べると目の負担はとても大きくなっているのです。その負担をカバーする為には、意識的に目のケアをおこなう必要があるのです。

目が見えない状態になってからでは遅い。視力が急激に落ちて、目の前の景色がどんどん変わってくるような状態になってからでは遅いのです。

便利を求めないなら、毎日寝る前に濡れタオルを温めて目のケアを行って見てください。温めたり冷やしたりを自動で行いたいのなら『ハダクリエ』を試して見れば良いと思います。

とにかく目のケアは誰にでも必要なことですので、どんな形にしろ、必ず目のケアをおこなうようにしましょう。
手軽に目のケアをおこないたい方は、こんなのも良いかもしれないですよね。

⇒ 【小林製薬】機能性表示食品「ルテイン」

 

 

 

-健康
-, ,